中古ドメインとは利用されたことがあるドメインです。中古ドメインで以前の被リンクの力を利用するのもSEOにおいて有効な手段といわれています。当サイトで中古ドメインについてご紹介します。

ポゼットの効果を知り、自信を持つ男性

.netの中古ドメインで期限切れの場合の対処法

ドメインを利用するにあたって、期限切れをしてしまうこともあります。基本的に1年更新となっており、更新に関しては中古ドメインも同様です。中古ドメインはすでに運用されているケースもあるので、ドメインの更新には注意しましょう。「.net」や「.com」といったドメインは1-2年更新となっています。
中古ドメインを更新するときには一括更新の登録をしていたほうがよいでしょう。日を調整しておくことで、更新のし忘れを防ぐことができますし、管理も楽になります。更新料はドメインによって異なり、「.net」であれば年間300円程度となっています。維持費もそれほど高くないので、サイトを量産するときにも活用しやすいドメインでしょう。
更新の方法は、ドメインを管理しているサイトへログインして行うという流れになります。新規ドメインを購入したサイトへログインすれば、更新日時が近いドメインがピックアップされるため更新するようにしてください。万が一、更新を忘れていて、期限切れしてしまうとサイトがサーバー上に表示されないという事態に陥ってしまいます。その間、リンクはエラーとなりますし、クローラーが通過すれば、更新されていないサイトとして反映されるため、順位表示にも影響を及ぼしてしまいます。バックリンクサイトやターゲットサイトのどちらであっても期限切れにならないように配慮したいところです。
スケジュール管理しておく中で、ドメインの更新日としてまとめておくのが良いでしょう。こまめにドメインを購入していれば気付くかもしれませんが、サイトを作ることに集中しているときには忘れてしまいがち。一定期間過ぎたタイミングで更新できるように事前準備しておくほうがよいでしょう。上手にドメインを活用して、サイトの上位表示に役立ててくださいね。