中古ドメインとは利用されたことがあるドメインです。中古ドメインで以前の被リンクの力を利用するのもSEOにおいて有効な手段といわれています。当サイトで中古ドメインについてご紹介します。

ポゼットの効果を知り、自信を持つ男性

中古ドメインのオーサーがsoftbankだった場合

オーサーとは英語で作者、著者などの意味を持つ単語ですが、中古ドメインにおいてはその所有者であることを指しています。ドメインによってはオーサーが複数いるケースがあり、管理するケースや移管するときには注意するようにしてください。また、中古ドメインの中にはオーサーが大手企業であるケースもあります。例えばグーグルやマイクロソフトといったパソコンメーカー。docomoやsoftbankといった携帯メーカーなど多くの会社がサイトを運営しているので、期限切れを起こして中古ドメインとして手に入ることもあるようです。
しかしこのような中古ドメインは過去のサイトカラーが強く、新しく運用するときには注意したほうがよいかもしれません。たしかに公式サイトやインフォメーションサイトなどを銘打ってサイトが構成されていれば、ドメインとしての価値は高いでしょう。公共機関から被リンクがあったり、教育施設・政治関連の施設から被リンクがある場合もあります。とはいえこのようなケースではアンカーテキストとサイト内容がマッチせず、リンクが悪い影響を及ぼす可能性があるのです。
例えばアンカーテキストが「グーグルのインフォメーションはこちら」となっている場合、そのリンク先にあるサイトがグーグルについて掛かれていなければ違和感を感じますよね。このようなリンクは質の低いリンクとして扱われ、バックリンクが逆効果となるケースがあるのです。そのためにもバックリンクの調査は必要ですし、過去のサイトにあわせたコンテンツを用意することで、リンク効果を高めることができるでしょう。
中古ドメインは良い点もあれば、このようなリスクも背負っています。上手に活用して、上位表示へとつなげるようにしてくださいね。