中古ドメインとは利用されたことがあるドメインです。中古ドメインで以前の被リンクの力を利用するのもSEOにおいて有効な手段といわれています。当サイトで中古ドメインについてご紹介します。

ポゼットの効果を知り、自信を持つ男性

中古ドメインで重要な移管日数と登録サイト

中古ドメインは手軽に買えて、ウェブサイトの評価を上げることができるとして人気が出ていますが、手軽さゆえにチェックしておかないと思わぬ評価ダウンに繋がることもあるので要注意です。注意したいポイントの1つめが移管にかかる日数です。一般的は数日でドメインの移管は終わりますが、中古ドメインの場合は手間がかかり移管に時間がかかるケースがあります。特に海外での転売サイトでは移管作業が時間がかかる傾向があります。一般的にはメールでやり取りするだけのことなのですがスケジュールがタイトな場合は移管作業にかかる時間を問い合わせておくことも重要です。2つめは登録サイトへのドメインの適用タイミングです。中古ドメインを買ったらすぐにウェブサイトに使ってみたいという方も多いですが、重要なことはパスとコンテンツが用意されていることです。何もないウェブサイトに設定しても意味がないだけではなく、せっかくの検索サイトでの評価が消えてしまうことがあります。検索サイトでの評価はインデックスとして残されていますが、インデックスは新しいウェブサイトが設定されると再評価されることが多いのです。評価は引き継げるのですが、何もないコンテンツだった場合はインデックス自体が削除されたり、評価が下がる傾向があります。同様にパスが用意できていないウェブサイトの場合も同じであり、インデックスが消えてしまう可能性が高いです。そのため、中古ドメインを移管してきたらすぐにはウェブサイトに適用せず、コンテンツが揃うのを待つのも重要なポイントです。また、既存のウェブサイトに適用する場合はパスを確認してインデックスがパス切れを起こしていないようにすることで評価を適切に受け継ぐことができると考えられています。