中古ドメインとは利用されたことがあるドメインです。中古ドメインで以前の被リンクの力を利用するのもSEOにおいて有効な手段といわれています。当サイトで中古ドメインについてご紹介します。

ポゼットの効果を知り、自信を持つ男性

中古ドメインで注意したいパブリックとリブセンス

中古ドメインは新規サイトでもいきなり検索サイトでの表示順位を上げられる手法として注目を集めていますが、いくつか注意して利用しないと効果が出ないことが分かってきています。1つめの注意点はパブリック性とリブセンスに注意ということです。特にパブリック性については気をつけたいです。ドメインは公的な機関も取得しますが、民間に比べて放棄するのに躊躇がないと言われています。そのため、短期間で放棄される価値あるドメインも多いことから再販業者を中心に取得競争が激しくなっています。一見注目を集めるドメインとして利用価値がありそうに見えますが注意しなくてはなりません。公共系のドメインはカテゴリが狭いです。多くのドメインが目的を限定して取得しているので放棄された場合に利用範囲が狭いのです。利用範囲とは検索サイトでインデックス化されたカテゴリやキーワードのことです。中古ドメインはインデックスを引き継ぐことが重要ですが、新規サイト側でのコンテンツは関連させないと意味がありません。まったく違うコンテンツを用意したり、インデックスから引き継げないパスばかりだったりすると検索サイトでの評価が新規コンテンツのみになってしまうことがあります。これでは中古ドメインを利用する意味がありません。中古ドメインを活用するならインデックスされている内容に合わせてコンテンツを作ることが大事です。特にカテゴリには注意が必要です。似たようなコンテンツにするか、さらに内容を充実させることで検索サイトでの上位表示が引き継がれます。また、パスも重要です。引き継げるかどうかはパスが通っているかです。パスが切れている場合は多くが引き継ぎに失敗しています。